2社間と3社間のファクタリングの違いとは何か


3社間のファクタリングの特徴

ファクタリングを3社間で行う場合の特徴は、ファクタリングの依頼者に十分なお金が入ってくることです。なぜかといえば、売掛金をファクタリング業者に債権譲渡しているからです。債権譲渡とは、売掛金を移動させることで、この場合で言えばファクタリングの依頼者からファクタリング業者に債権が移動しています。つまり、手形を現金化するときその現金はファクタリング業者に入ること意味しています。

確実にお金を手に入れることができるため、ファクタリング業者も依頼者に対してたくさんの現金を渡すことができる仕組みです。そうすると、売掛金の98パーセント程度のお金を渡してしまっても問題ありません。もちろん、債権譲渡において債務者の承諾を得る必要がありますがそれさえクリアすればなんら問題はありません。

2社間のファクタリングの特徴

2社間のファクタリングの特徴は、短期間でお金を手に入れることができることです。3社間の場合は、現金を手に入れるまでに1週間ぐらいかかることも少なくありません。そうすると、すぐにお金を手に入れることができないとショートしてしまうような会社ならば、ファクタリングを利用する意味がないでしょう。ですが、2社間の場合は即日に現金を手に入れることができる可能性も高いことからすぐにお金が必要な人にとってはこれ以上ありがたいものはないでしょう。

ただ、債権譲渡を行われませんので、ファクタリングの依頼者がほかのファクタリング業者に売掛金を二重譲渡してしまうリスクもあります。そのため、依頼者が手に入れることがあるできる現金は3社間の場合に比べると少ない傾向にあります。

売掛債権をファクタリング会社が買い取るシステムで、取引相手の倒産時のリスク回避や早期の資金回収が可能になります。

Related Posts